占い師コラム

12星座別、電話占い初心者が気を着けるポイント第120回 ヴィーナス凛世先生

12星座別、電話占い注意点

こんにちは、ヴィーナス凛世と申します。
私はホロスコープの女王という電話占いサービスに在籍して、西洋占星術による電話占いや鑑定診断を行っております。さて、今回この場でお話しさせていただくのは、「初めて鑑定を受けられる人は、人によって鑑定を受ける態度が違って実に面白い」というお話です。おそらくご本人の性格も関係しているかと思いますが、あけっぴろげな人もいれば、人見知りで全然会話をしてくれない人もいたりするのです。そこで、初めての占い鑑定利用で気を付けたいことを、占星術師らしく12星座別にお教えいたしましょう。

牡羊座

基本的に人と接するのが好きな人ので、初めての鑑定でも緊張感よりも好奇心が先に立つタイプです。逆におしゃべりし過ぎる傾向があるかも。占い師よりもおしゃべりしてしまうと、鑑定時間が減ってしまうので気をつけましょう。

牡牛座

恋愛鑑定など恥ずかしがって、なかなか本音を打ち明けられない傾向にありますね。基本的に生年月日がわかれば相性や状況などわかるのですが、気持ちがより深くわかれば具体的なアドバイスもできます。メモなどに書いて来るといいかもしれません。

双子座

双子座の方は深く悩みを抱えて鑑定依頼をするのではなく、ちょっと背中を押してもらうといった気軽な気持ちが強く、占い師との会話も楽しめるタイプ。ただ鑑定してほしいことがまとまっていない場合も多いので、そこははっきり決めておきましょう。

蟹座

占いが結構好きな蟹座さんは、しっかり準備して臨むタイプ。初めてだとなおさら準備万端で、占い師としては鑑定しやすいです。しかし恋愛鑑定など、相手についてかなり細かに聞いてくる傾向があり、わかる限り鑑定しますが細かすぎて困ることも。

獅子座

獅子座の方は、初めてでも何回目でも同じスタンス。仕事の場合はトップに立てる可能性など貪欲な一面を見せ、恋愛の場合は自分以上に相手が自分のことを好きかどうかの鑑定にこだわります。主役タイプなので、思い通りの鑑定でないと不服な顔を見せることがあるので注意しましょう。

乙女座

ロマンチストな乙女座の方は占い好きで、占星術のことも勉強して鑑定に臨むこともあります。自分なりに占ってくるのはいいのですが、占い師の鑑定結果と比べてあれこれ言うのはやめた方がいいでしょう。自分で占うのは鑑定のあとでもいいかもしれませんね。

蠍座

12星座中、一番占いにハマるのが蠍座。もともと霊感が強い人が多く、初めての占いでも「ここは自分の居場所」と、居心地の良さを感じるでしょう。占い師ともシンパシーを感じやすい。ただ占いにドップリはまりすぎる傾向があるので、冷静さを忘れずに。

天秤座

初めての鑑定でも占いに夢中になりやすい天秤座。なぜなら優柔不断な一面があるので、占い師のアドバイスがとても心地よいのです。ただ、占い師に心酔しやすく、ささいなことも頼るようになるので、冷静さを欠かないように気をつけましょう。

射手座

社交的な射手座は占いも娯楽の一つと言う認識。だから初めての占いも楽しもうというスタンスを感じます。鑑定結果も自分の情報をひとつ得たという感じでしょう。ただ占い師は常に真剣なので、あまり軽々しい態度にならないよう気をつけましょう。

山羊座

真面目な山羊座は初めての鑑定は「意を決してきました」的な真剣さがあります。アドバイスにも真面目に耳を傾けます。でももう少し肩の力の抜いてもいいかも。占い師との会話を楽しみながら鑑定結果を自分に取り込んでいきましょう。

水瓶座

スピリチュアルな世界に興味がある水瓶座なので、初めての占いはワクワクドキドキ。自分の未来や好きな人との相性など、ひとつひとつに感動します。ただ冷静な一面もあるので一度、鑑定結果を「違う」と思うと態度に出る傾向が。そこに気を付けて。

魚座

魚座が占い鑑定に来るときは「助けてほしい」と心が弱っているとき。初めてのときは救いの手を求めるような感じかもしれません。ちょっとネガティブに解釈をするタイプなので、そこを前向きに。占いを前に進むパワーに変えてみましょう。


人は生まれた日、つまり星座によって性格にも違いが出てくると言います。電話占いの利用をまさに今考え、迷っている人はこちらを参考にして、リラックスして臨んでみてください。

あなたへのおすすめ