占い師コラム

効果半減!やってはいけないパワースポットの巡り方第154回 凛音ココ先生

 効果半減!やってはいけないパワースポットの巡り方

恋愛や仕事など、人生に行き詰まった時、パワースポットに救いを求める方も多いことでしょう。しかし一方で、「パワースポットに行ったのに効果がなかった」「願いが聞き届けられなかった」と感じる方も少なくありません。果たして、パワースポットには本当に効果がないのでしょうか? この場をお借りして、効果を半減させてしまうパワースポットの巡り方について、ご説明いたします。

マナーを守らない

パワースポットは神聖な場所です。そうした場所に入る際、神様に挨拶をし、参拝のマナーを守ることは最も大切なことです。私たち人間同士でも、初対面できちんと挨拶をしない人がいたら、「失礼な人だな」とあまりいい印象は抱きませんよね。神社では鳥居をくぐる前に軽く会釈をし、参道の端を通りましょう。手水所で手を清めることも忘れてはいけません。もしパワースポットのポイントに行列ができていたら、焦らずじっくり待ちます。行列に割り込んだり、無理やり身体をねじ込んで参拝するなどもってのほかです。参拝する際の服装なども、下調べをして事前に準備をしておくとよいでしょう。

あちこちのパワースポットを周っている

休日はパワースポット巡りが趣味という人も多いことでしょう。どうしても叶えたい願いがあるからと、あらゆる神様に頼りたくなるお気持ちはわかりますが、月に何度も様々な場所へ足を運ぶことは、あまりお勧めはしません。特に注意したいのが、お守りです。お守り同士が喧嘩することはありませんが、パワースポットを訪れるたびにお守りを購入していては、神様に「節操がない」と判断されてしまうこともあります。お守りは、肌身離さず身につけてこそ効果があるものです。これだ、とご自身で思うお守りだけ購入するようにしましょう。ご自身で判断が難しい場合は、「なんとなく居心地がいい」「気持ちがリフレッシュする」と感じるパワースポットのお守りを買うようにするといいでしょう。

他力本願な願い事をする

パワースポットに願い事を言う際、他力本願な内容になっていることも、効果を半減させてしまう一つの要因です。例えば、縁結びのパワースポットで「今年こそ彼氏ができますように」と願いを唱えてしまうのはNG。神様は、私たちの願いを叶えてくれるのではなく、私たちの決意や宣言を受け入れて、力を貸してくれる存在です。初めから他人に頼る気でいる人の願いは突っぱねられてしまいます。そのため、先ほどの願いの場合、「今年の●月までに恋人を作りますので、どうか見守っていてください」とお願いするのが正しいと言えるでしょう。

今回は、パワースポットでやりがちなポイントについてご紹介しました。パワースポットには効果がないとお感じの人は、ぜひ参考にしてみてください。そしてもし願い事が叶ったら、再度そのパワースポットを訪れ、神様に御礼を伝えましょう。こうした当たり前のことの積み重ねが、より幸せな未来へとつながっていくのです。

あなたへのおすすめ