電話占い体験談

運命の人に出会い、理想の結婚生活が実現!

理想の結婚

私は、幼い頃から理想的な人と結婚して、たくさんの子どもをもうけて幸せに暮らすのを夢見ていました。けれど、30歳を過ぎてもその理想的な人の影すらなく、過去の失恋の痛手もあり、絶望的な心境にすら陥っていました。そんな中、たまたま再会した高校時代の友人から、電話占い陸奥の存在を教えてもらったのです。陸奥では、自分が生まれもった運命と将来の出逢いについて見てもらえると知り、その鑑定を受けることにしました。

ところで、私に電話占いのことを教えてくれたのは、高校時代で同じオーケストラ部に所属していた友人でした。実はこの友人、当時から少し霊能力があり、時々不思議なことを口走っては、それが現実になり、周囲を驚かすことがしばしばあったのです。そんな彼女も、30歳となった今となっては、平凡な主婦となり、2人の子を育てている最中です。私は長年、生命保険会社のセールスレディとして一つの会社に勤めており、彼女とは生活上接点はありませんでしたが、偶然、休日に地元に戻ってきていた彼女と再会し、お茶をするチャンスに恵まれました。積もる話で盛り上がる中、ふと結婚相手が見つからず危機を感じていることを告げたとき、彼女はかつての霊能力を用いたのか「本格的に見てもらったほうがいい」と言い出しました。数ある霊能者の中でも、電話占い陸奥の楠木先生という人が私に合っていると、ピンポイントで名指ししてきたのです。そして、まずはその楠木先生に私の今後の運命を見てもらい、どうすれば運命の相手と出会えるかを尋ねるべきだというのです。私はあまり霊能力には興味がなかったので、正直半信半疑でしたが、人生をかけた悩みだったため、一度くらいは聞いてみてもいいかなと感じたのです。

数日後、友人の教えてくれた電話占い陸奥のサイトを見て、早速、楠木先生の予約を入れました。やや緊張しながら電話を受けると、まだ私が何も言わないうちから、「あなたは2年前から女性の霊にとりつかれていますね…」という声が電話の向こうから突然聞こえてきました。そして先生は、さらにこう続けたのです。「この霊が、あなたの出逢いが妨げられている原因のようです」。その二言で、私はとても驚くと同時に、「本物」を感じました。その後、先生はすでに私のことをよく知っている様子で、私が日々抱える重大な悩みを解決する方法について、必要なことだけ話してくれたのです。

先生は、私の運命の人についてのことも詳しく教えてくれました。その得意とする霊能力で先を見通した結果、私が歩む道の先には、3人の男性がおり、結婚に至る可能性があるのだそう。しかし、それぞれの男性とは、運命による結びつきのレベルが大きく異なるのだそうでした。そのうちの一人は、すでに出会ったことのある人物で、同じ会社の異なる部署の男性でした。

鑑定の中で、私が営業の仕事で島根県に訪れた際に、旅館で憑依したという女性の霊を除霊してもらいました。除霊といっても一瞬の出来事でしたが、その瞬間は、何か切ないとも苦しいとも言い難い、強い恋心のような複雑な気持ちになったのを覚えています。そして除霊が終わると、肩にのしかかっていた重いものが、一気に解き放たれたように感じたのです。そのとき、本当に除霊が終わったのだと、心底実感することができました。先生によれば、これでもう私の運命を阻むものはなくなったといいます。除霊後、私の未来が開け、さらに希望を見通すことができたと語る先生は、最も運命の結びつきの強い男性と3日後に出会うことを教えてくれました。そして、「一週間で彼と付き合うことになる」と予言したのです。

鑑定を終えてから3日が経ったとき、私は運命の男性と出会う瞬間を待ち侘びました。ちょうど土曜日で会社はお休みだったので、私はなんとなく街へショッピングに出かけていました。しかし、理想的な相手は見つからず、一人でさみしいショッピングを終え、一日を終わりに近づいていました。帰りがけに寄ったカフェで、「鑑定そのものがすべて嘘だったのかもしれない」とすら感じるまで落ち込んでいたとき、若い女性のウエイトレスが、運んできたコーヒーを誤ってこぼしてしまい、少し私の衣服にかかってしまいました。とんだ災難でしたが、実はそれが大きな転機となったのです。それは、謝罪にやってきた男性の店長の顔を見上げたときのことでした。瞬間的に、「あ、この人だ」と分かったのです。「私はこの人と結婚して、子どもを産む運命にある!」 大げさですが、本当にそこまで強く、明確に実感したのです。

鑑定中に先生がおっしゃった言葉は、今でも鮮明に思い出すことができます。運命は運命であり、自分では決して変えることのできないものだと今は深く理解しています。だからこそ、私は彼、つまり今の夫に出逢った瞬間に、すぐに分かったのだと思います。店長としてのわきまえということもあり、汚れた衣服をクリーニングに出すと言い張った彼は、後日、私の自宅にまでクリーニング済みのシャツを届けてくれました。そのとき、ちょっとしたきっかけで好きなミュージシャンのことで話が弾み、今度一緒にコンサートに出かけることを約束しました。初めてのデートはちょうど一週間後。そして、当日、私たちは付き合うことを同意したのです。それから1年の交際を経て、私たちは結婚しました。半年で子を授かり出産。今は3人目を身ごもっています。

あなたへのおすすめ