占い師コラム

幸運のためのメッセージを授かろう!神様と繋がる5つの方法第170回 エスポア占い師

どんなに努力しても報われない体験をしたことはないでしょうか。負の連鎖から抜け出せないときは神様と繋がってメッセージを授かりましょう。より良い方法やベストなタイミングを知らせてくれるはずです。今回は、神様と繋がる5つの方法を紹介します。

掃除をして環境を浄化する

幸運のためのメッセージ

神様と繋がる環境づくりで最も重要なのは浄化です。神様をはじめとする高次の存在は、邪気や汚れが溜まる元へは降りてきません。まずは部屋の掃除を行って場の波動を高めます。部屋の一角だけでなく水回りや玄関など家全体を掃除したあとは、淀んだ負のエネルギーを逃すために窓を開けて新鮮な空気をとりいれましょう。

また、場所だけではなく心身の浄化も重要なので、入浴で穢れや負の感情を洗い流して身を清めましょう。ボサボサ頭に毛玉のついた部屋着では神様に対して失礼なため、身なりを整え清潔感を保つのも忘れずに。

何事も時間を考慮して行う

結論からいうと何時でも問題ありません。適当と感じるでしょうが優先するべきは自分の気持ちであり、波動が合えばいつでも会えるのです。ただし、一日の周期は陰陽道と通じており、活動時間帯の朝から夕方は「陽」で、静寂や終わりを示す夜は「陰」を示します。丑三つ時という言葉があるように、夜中は魔や低級霊と繋がる負の時間帯なので0:00~5:00は避けましょう。

そして、神様と繋がるポイントは同じ時間に同じ場所で行うこと。不定期では神様があなたの魂を見つけ出せずアサインしにくくなるのです。時間と場所を固定することにより集中力が上がって、魂の波動を高めやすくなるメリットもあります。

雑念を払い、気持ちをリラックスさせる

雑念や煩悩で支配されている脳は、言い換えるなら腐敗物で溢れかえるゴミ屋敷。また、怒りや悲しみの感情はこびりついた油汚れです。悪いエネルギーが溜まっている状態では、高い波動や神仏のパワーを呼び込めません。邪気が消え去り、鎮まったときに天上の扉が開きこの世へ降りてくるのです。

リラックスの基本は無心。雑音をなくして静かな空間を作りましょう。そして、脳と心に溜まったゴミを捨てるイメージで、負の感情と雑念から離れると心身が軽くなってリラックス状態が作れます。

神様と繋がるメリット

神様と繋がるメリットは願い通りの人生が送れること。誤った選択をしていてもおのずと正しい道へ導かれます。また、高次元の存在と繋がれるほどの高い魂レベルと持つと、心に余裕ができると相手を許すことができるのです。許しはスピリチュアルで愛。愛を与える人間はその分愛を受け取れるため、結果的に幸福度が高い豊かな人生を送れるのです。

【神様と繋がる方法①】鏡の前で二礼二拍手

これは「御鏡御拝」といわれる分け御霊の方法です。分け御霊とは神様の魂を別の神社に分霊することですが、人間の体を表す言葉でもあります。 つまり、神様の力を借りて自分をより深く知る方法です。

鏡は神道で重要な意味を持ちます。言い伝えによると、天照大御神が国造りを孫に委ねる際に鏡を渡したとされています。そして、「この鏡に自らの姿を写し、「我」が写ったなら取り払いなさい」と一言。「かがみ」の「が」は「我」を表し、「我(が)」を抜くと「神(かみ)」が残ります。ようするに、エゴを捨てれば神に慣れるというわけです。

手順
  • ①鏡に向かって口角を上げてにっこり微笑む。
  • ②合掌して二礼二拍手する。この際に自分自身と向き合い神様から送られるパワーを感じましょう。
  • ③最後に、鏡に映る自分に向かって「あなたを愛しています」と心を込めて伝えましょう。

【神様と繋がる方法②】太陽に感謝する

八百万の神々で最高位である天照大御神は太陽神です。日本には古来より日の出を拝む風習があるように、心身健やかに過ごせるのは、生命の成長を司る太陽のおかげと考えられています。太陽の光を浴びて感謝を示すことで魂の波動が上がり天照大御神と繋がれるのです。

手順
  • ①窓を全開にして、太陽の光ときれいな空気を浴びる
  • ②全身で自然の恵みを受け取るように深い深呼吸をする
  • ③心の中で「ありがとうございます」とお礼をする

最も効果があるのは陽エネルギーが強い早朝に散歩をすること。身体を動かすとエネルギーの循環がよくなり、心身が活性化します。さらに、高次元の波動を察知する直感力が磨かれて繋がりやすくなるのです。

【神様と繋がる方法③】暦

日本には神様を崇めるさまざまな神事や厄払いがあります。暦上の行事を通して繋がる方法は最も簡単です。例えば、歳神様を迎えて一年の幸運を願う元日は神様がこの世に訪れる日。正月飾りやおせち料理にはゲン担ぎのご利益があり、より神様と繋がりやすい状況なのです。

季節の節目を表す五節句は陽の数である奇数が重なることから縁起が良く、神仏と繋がりやすいとされています。

繋がり方

神棚や神事で祀られている神様に手を合わせ、日々守ってくれていることを感謝する。また、必要があればお供え物や飾りを用意しましょう。

【神様と繋がる方法④】呼吸法

神様と繋がるには無心になることが重要で、最も簡単に無心になれる方法は呼吸です。無心になると入眠時同等のリラックス状態になり、脳波7.5Hzのシータ波に切り替わります。シータ波は地球の周波数と同調し、自己エネルギーを最大限に引き出してくれるのです。

手順
  • ①椅子に深く腰掛けて目を閉じ、神様の波動と結ばれるつもりで深呼吸する。
    肺を空気で満たすように腹式呼吸で鼻から空気を吸い、吸った時間より長くゆっくりと口から吐きましょう。
  • ②全身の毛穴から高次のエネルギーを吸収する感覚を覚えましょう。
    呼吸法を行う際に、お香を焚くのもおすすめです。お香の煙は天へ上るため、煙を伝って神様が降臨するといわれています。また、高次の存在は良い香りを好むため、訪れやすい環境を作る意味でも効果的です。

【神様と繋がる方法⑤】玄関の波動を高める

神様を招いて繋がるには玄関の波動を上げましょう。玄関は気のエネルギーの出入口。中でも金運を司る強運の龍神様は、窓から入り玄関から出るといわれており、汚いと寄りつきません。窓と玄関を常にきれいに保つだけで龍神様が訪れます。そして、龍神様は水の神様なので玄関にきれいな水を置くと、繋がりやすくなるのです。

ただし、龍神様を含めて神様は卑しい心を持つ人のもとには訪れません。善意に溢れ、子どものような無垢な心を持ちましょう。

龍神様と繋がりやすい玄関を作るカラー

  • 北側の玄関/北側は陰のパワーが強いので明るいカラーを入れる。赤、オレンジ、イエローなど
  • 南側の玄関/もともとある陽のエネルギーを部屋中に回す。水色やピンク、黄緑などの淡いカラ―など
  • 東側の玄関/天に伸びる・成長を表すため、海を表すブルー、大地を表す緑や茶色など
  • 西側は玄関/広がりや金運を表すため、金や白、ベージュなど

神様と繋がると幸運のメッセージが得らえる

神様は天界から常に人間を見守ってくれる存在です。自分の力ではどうにもならない境遇にぶつかったら、神様を呼んでメッセージを授かり、脱出のヒントをもらいましょう。ただし、神様は努力する人の前にしか現れないことを心に留めておきましょう。

あなたへのおすすめ