電話占い知恵袋

当たる占い師の特徴と豆知識

電話占いや霊感占いなどの占いをこれから受けたいと思っている方は、きっと自分の占ってほしいこと、もしくは悩んでいることを胸に抱えて緊張していることでしょう。その占い結果を知れば、何もかもが変わる可能性もあるからです。

一方、占う側のことはあまり知られていません。占い師と対面する、もしくは電話で話をするときというのは、占ってもらう立場の方からすれば、差し迫っており、いっぱいいっぱいだからです。そこで今回は、占う側のあれこれについて少しだけ紹介しておきましょう。もちろん、すべての占い師にあてはまることではないこともありますが、豆知識として知っておくといいでしょう。

占い師は悪い結果も良い結果も平等に伝えている?

当たる占い師の特徴と豆知識

占いを受けていて、悪い結果ばかりを告げてくる占い師は、悪い結果も良い結果も平等に伝えているのかどうか気になることがあるかもしれません。「この人は、私を不安にさせるためにわざと悪いことを言っているんだ。そうして不安にさせて、さらに占ってもらおうとして、営業しようとしているんだ」などと推測する方もいるかもしれません。しかし、基本的に占い師が悪い結果だけ伝えて、良い結果を伝えないということはないでしょう。もちろん、その占い師によって考え方が異なりますので一概には言えません。しかし一つ言えるのは、占い師は、レベルが高い者であればあるほど、良い結果も悪い結果もないと思っているということです。例えば、「意中の相手と結婚する」ということは、一見、良い結果に思えますが、それは生涯幸せに暮らすことができれば、の話です。もしかすると、その相手と結婚したことで、大きな不幸がやってくる可能性もあるのです。そうなれば、悪い結果になります。

よく当たる占い師の特徴

あなたはよく当たる占い師の特徴をご存知でしょうか。同業者から見ると、当たる当たらないはある程度、分かるものです。そのレベルが分かるのです。そんな特徴を集めてみました。

謙虚かどうか

まず重要なのは、人柄です。どうしても占い師としての霊感や占いの戦術のレベルが気になるところですが、それは二の次なのです。レベルの高い力を持っているのにも関わらず、高慢で偉そうで謙虚ではないという人がいたとします。この占い師は当たる当たらない以前に、信頼ができないでしょう。よくあるのが、先生、先生と奉られて、高慢になり、人々から尊敬されることです。もちろん、これ自体は避けようもないことです。実際、占いが的中すると、その占ってもらった人は、その先生を崇めてしまうだろうからです。ですから、ある程度当たる占い師ほど、高慢に陥りやすいところでもあるのです。すごいと絶賛されたときこそ、謙虚であろうとする占い師こそ、本物と言えるでしょう。しかし、高慢な占い師は決してゼロではありません。高慢になっているかどうかは、自分では分かりにくいところでもあるためです。また、威厳を保つことが必要だと思い、それが高慢さだと勘違いをしている場合もあります。

社会経験がある占い師

占い師の中には、特殊な能力を持っているがゆえに、社会経験をまともに踏まずに、占い師の仕事をしている人がいます。もちろん、決してそれが悪いとは言えません。しかし、より幅広いお客さんのニーズに応えていき、さらに上のレベルの占い師になるためには、世の中の苦労を知る必要があります。そのほうが占い師として適切なアドバイスをすることができるでしょう。依頼側は、できるだけこのような社会経験のある占い師を見つけることが肝心です。

口コミ件数自体が多い

当たる占い師は基本的に人気が出ますので、必然的に口コミが増えます。インターネット検索で名前がある程度有名であれば、それは当たる占い師であるといえるかもしれません。人は、占いに当たると感動的な体験をするものですので、口コミを自然にしたくなります。その積み重ねにより、きっと口コミ件数自体は、増えていくことでしょう。

悪い占い結果が出ても解決策まで指南してくれる

これもレベルの高い占い師にとっては当たり前のことではありますが、悪い占い結果をそのまま告げて、それでおしまい、というのは当たる占い師とは言えません。占い師は基本的にネガティブなまま終わらせる、もしくはマイナスのイメージばかりをもたらすようなことはしてはいけないのです。占い師は、人々を導くために存在します。ですから、重要なのは、悪い結果が出たときの対処法といっても過言ではないのです。忙しいというのは言い訳です。鑑定数が多いからといって、悪い結果をないがしろにしたまま放置するというのは、占い師として失格です。当たる占い師、信頼の置ける占い師は、とにかく何においても占った相手を惑わせることはないはずです。これも見極めるポイントといえるでしょう。

電話占いを受け付けている

人気者の当たる占い師ほど、出張ができず、一日中、忙しく対面鑑定をしているものです。それでも鑑定を受けたいという人が多くいるものですので、その願いに応える意味で、電話占いを受け付けている場合があります。これは占い師によりますが、一秒でも惜しんで電話でも対面でも鑑定を行っているという人もいます。そのような占い師はレベルが高いといえるでしょう。

お客さんの気持ちを傾聴できる占い師

みなさんは占いを受けているとき、自分の人には言えない悩みを話すことでしょう。そんなとき、占い師が冷たい態度だったり、悩みを聞き流したり、そもそも聞いておらず、さっさと鑑定を進めたりしてしまったら、どう思うでしょうか。人としてのコミュニケーションが成り立っていないので、もう鑑定をお願いしたくなくなるかもしれません。もちろん、占い師と仲良くなるために占いを受けているわけではないので、占い結果が的中して、うまく指南してくれれば、問題はありません。しかし、丁寧にお客さんのお話を聞ける占い師は、いわずもがな人格にもすぐれており、鑑定結果も信頼が置けるものになります。そもそも、占い師側は占う側を理解しなければ、アドバイスも何もできないと思っています。占い師は、本来、相手を幸せにするために存在しているはずです。お客さんの気持ちを傾聴できる、傾聴しようとする態度こそ、当たる占い師の条件といえるのです。

霊感占い師は鑑定が終わるたびに労力を使う

ここで、霊感占い師について豆知識をご紹介しましょう。特に占い師の中でも霊感占い師は、目に見えない世界との通信を常に行っています。そのため、神経を非常に使います。回数を重ねるうちに、どうしても神経的な疲れは出てきます。

その疲れの原因は、霊視そのものではなく、情報の見極めと取捨選択が主なものです。例えば霊視をすると、さまざまなものが見えてきます。知りたいこととその他の情報とがいっぺんに押し寄せれば、そこから必要な知りたい情報を抽出しなければなりません。その作業に非常に神経を使います。ただ、慣れたレベルの高い占い師であれば、なんということもないので、そこまで疲れを気にする必要はないでしょう。

占い師の豆知識についてお伝えしてきました。占う側のことを少しでも知ることで、自分の求める占い師を見つけることができるでしょう。また、占いについて知識が深まることで、より占いを活用することができるのではないでしょうか。

あなたへのおすすめ