占いの種類と占術

占いの種類と占術の解説

洋の東西を問わず、私たちの身近には数多くの占いが存在しています。それぞれの占いが長い歴史を持ち、多くの占い師、鑑定師、占者などが今もなお、行動の指標や吉凶善悪の判断に占いを用いています。そういった専門的な知識の扉を経てなくても、血液型占いや誕生数占いなどは、ごく身近に存在して馴染みのあるものと言えます。 占いは基本的に、統計学に基づいて集められた過去のデータや占い師個人の経験を元にして、運勢・運命・未来を占います。個人の生年月日や氏名、性別、出生地などが関係するのです。占い師は自らの主観を交えず、統計値が示す占い結果を相談者に答えることとなります。 占いは大別すると、命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)・霊(れい)の4つになります。こちらでは、それら占いや占術について解説しましょう。

あなたへのおすすめ