占い師コラム

幸運は自ら引き寄せる!自分でオーラを浄化する方法第149回 ミモザ先生

幸運は自ら引き寄せる!自分でオーラを浄化する方法

 自分でオーラを浄化する方法

私たちの身体は、常にオーラを身にまとっています。オーラとは、端的にいうと霊的なエネルギーのこと。その人の体調や、精神状態を表すバロメーターのようなものです。

ポジティブな気持ちの時にはオーラは輝き、自然と幸運が寄ってきます。しかし、日々の仕事や雑務に追われ、身体が疲弊すると、オーラは次第に弱っていきます。弱いオーラはマイナスの運気を引き寄せ、さらに気持ちが後ろ向きになり…と、どんどん悪循環に陥ってしまいます。「最近ツイてない」「身体の疲れがなかなか取れないな」と感じている人は、もしかしたらオーラが弱っているのかもしれません。ぜひオーラのセルフリカバリー法を身に着けて、毎日を気持ちよく過ごしましょう。

太陽の光を浴びる

太陽光を浴びることで植物が育ち、果実が実り、それらを動物が食べ、また別の動物がその動物を食べ…そうして、命はめぐっていきます。命の源である太陽の光には、私たちを浄化し、気持ちを明るく前向きにする力があるのです。お正月に初日の出を見に行くのは、「年神様が初日の出とともに降臨するから」とも言われますが、人々は荘厳な太陽の姿を拝むことで、気持ちを新たに、前向きなエネルギーを得ているのだと思います。

日光浴をする際、おすすめは午前中の太陽の光です。毎日15~30分ほど浴びるように心がけましょう。外に出なくても、室内での日光浴でも効果は十分。朝起きたら、部屋のカーテンを開けて、太陽光を取り入れましょう。ただし、太陽光には紫外線が含まれますから、過度の浴びすぎには注意が必要です。

部屋を掃除する

部屋の掃除は、手軽にオーラを浄化する効果的な方法です。

家の中は、私たちが長い時間を過ごすところでもあり、心の状態を映す鏡でもあります。長い時間を過ごす場所なら、常にきれいな状態を保ちたいものです。しかし、毎日忙しく働いていると、掃除もままならず、知らず知らずのうちに散らかってしまったり、ホコリが溜まってしまいがち。汚い部屋は悪い気を吸い寄せ、運気はますます滞ります。

こまめに掃除することが難しければ、週末にまとめて掃除をしましょう。やればやるほどピカピカになっていく我が家を見れば、おのずと気持ちも前向きになっていきます。また、部屋が整頓されることで「そろそろティッシュペーパーがなくなるな」「着ていない洋服が結構あるな」など、物の過不足が見えてきます。自分の身の回りのものを把握するだけでも頭の中がすっきりして、良い精神状態を保つことができるのです。

パワーストーンを身に着ける

パワーストーンの役割は、石の持つ波動により、持ち主の潜在能力を増幅させることです。「浄化」というキーワードだけで言うと、水晶がおすすめですが、パワーストーンには水晶以外にも様々な種類があります。石が持つそれぞれの特徴や意味を見極め、今のご自身に最も適したストーンを選んでください。玄関などに飾る結晶体タイプなどもありますが、肌身離さず持ち歩けるブレスレットタイプがおすすめです。

また、長い期間身に着けていると、だんだんとパワーストーンに悪いエネルギーが溜まり濁っていきます。効果を持続させるためにも、定期的なケアを怠らないようにしましょう。日光や月の光に当てたり、塩や水などで浄化する方法があります。

今回は、オーラを浄化する方法についてご紹介しました。万が一、実践してみてもダメだった場合は、背後霊や生き霊が取り憑いているなど、ほかの要因も考えられます。その際はぜひ早めにご相談くださいね。

あなたへのおすすめ